東京の屋形船はオリンピックモードへ! 海外の方大歓迎!

アニメ大好き! コスプレもアニソンも!

2018年03月04日 15時29分

ただその反面、「日本人が海外の人びとに観てもらいたい、感じてもらいたい日本」と、「海外の人びとが日本で観たい、感じたいものごと」との間にはズレがあり、日本人側のサービス精神とはうらはらに、海外の人びとには日本が「たいくつな国」と映ってしまっているという指摘もあります。日本文化の「わび・さび」に深みを感じ、感動を覚える海外の方もいらっしゃいますが、かなり多くの人にとっては「なんじゃそりゃ?」なのも事実なんですね。
だったら、日本が海外に問うている、もっと刺激的でエキサイティングな文化だってあるじゃないですか。アニメとか。だとしたら、そういった分野で海外からのお客様に喜んでいただく企画もアリではないでしょうか。
昨今、世界各地で「ジャパン・エキスポ」的なイベントが頻繁に行われています。そういったイベントを取材・紹介したレポートなどを見ますと、ほぼ必ず、セーラームーンやドラゴンボール、ガンダムなど、「ちょっと古くない?」と突っ込みたくなるようなコスプレで会場に乗り込んでいる人びとがいます。
平昌オリンピックのフィギュアスケートで銀メダルをとったロシアのメドベージェワさんも熱烈なセーラームーンファンとして知られ、そのコスチュームでしょっちゅう演技しています。それほどのものなんですから、これはもう、海外からのお客様向け企画として考えたいところです。
題して、「屋形船 de コスプレ on 隅田川」とか。
加えて、コスプレしたままアニソン(アニメのソング、主題歌などです)をカラオケで歌えたら最高じゃないですか。言うまでもなく、カラオケは屋形船の得意分野です。コスプレ+アニソン。これはもう、海外のお客様にウケないわけがありません。